1. ひかり歯科医院
  2. 歯とお口のトラブル
  3. 詰め物が取れた,物が挟まる

詰め物が取れた,物が挟まる

ひかり歯科医院の「詰め物・被せもの治療」のこだわり

1.   「詰め物が取れた!」を無くすための精密な型取り
2.    自分の歯のように、自然で美しい見た目を実現
3.    虫歯を繰り返さないために。治療後のケア。

1.快適な詰め物のための精密な型取り

「詰め物がとれた!」「食事していたら銀歯が外れてしまった」というあなた。
歯医者さんの予約をする前に、少しだけ待ってください。

なぜ詰め物が取れてしまうか?という原因を知らなければ、何度治療してもまた同じように「取れた・外れた」という事態を繰り返してしまう可能性があるのです。

そもそも、詰め物や被せものが外れてしまう最も大きな原因は、詰め物がしっかりフィットしていないことだと私は思います。

詰め物を作る際には、歯を削り・形を整え、歯型をとってその形に合わせた詰め物を作製します。
型取りの精度が低いと、それを元に作る詰め物の精度も当然低くなります。また、しっかりとフィットしていない詰め物・被せものでは、歯と詰め物との間にスキマや段差ができ、食べ物が挟まる・引っ掛かるようになります。また、汚れもたまりやすくなり、新たな虫歯にかかりやすくなります。虫歯が進むと、歯の形が変わってくるため、詰め物との適合が更に悪くなり、ポロっととれてしまうようになるのです。

しっかりとフィットして、虫歯を繰り返さないためにも、「正確で精密な型取り」が非常に大切なのです。

精密な型取りのために

型取りで使用するシリコン材は、温度の影響を受けやすく、見た目にはわからないレベルですが微妙に膨張や縮小をします。

ごくわずかな変形も詰め物の大きな誤差につながる可能性があるため、当院では型取り剤の温度を一定に保つよう専用の保管庫を使っています。

きちんとフィットし、食べ物が引っ掛かりにくくするために、詰め物の表面を、何度も丁寧に研磨して、つるつるにしていきます。
ひかり歯科医院では、このように詰め物を作る一つ一つのステップを丁寧に踏んでいくことで、外れにくく・快適な詰め物を作製しています。

自分の歯のように、自然で美しい見た目を実現

ひかり歯科医院では、詰め物の治療で「機能にこだわりたい」「見た目にこだわりたい」という患者さん一人ひとりのご要望に応じて、いくつもの材質をご用意しています。
たとえば、セラミック素材は保険適用外*となりますが、銀歯やプラスチック素材の詰め物に比べ格段に美しく、見た目ももともとの歯の色に合わせて作製することができます。
セラミック治療「セレック」では、通院1日で詰め物が完成する「1dayトリートメント」が可能です。

ひかり歯科医院では最新の設備機器を導入しておりますので、費用・見た目・通院回数などを比較し、患者様のご希望に合った治療方法をご提供することができます。

*歯の部位や金属アレルギーの有無など、一部条件を満たす場合には、保険診療が認められる場合があります。一度ご相談ください。

虫歯を繰り返さないために。治療後のケア

詰め物の治療で歯を削ると、外側の硬い部分(エナメル質)を失うため、虫歯菌などから影響を受けやすくなります。

また、詰め物の接着剤にしようしている素材にもこだわっています。お口の中で虫歯予防に効果的なフッ素を発生させる「レジン強化型グラスアイオノマーセメント」という素材を使用しています。
ひかり歯科医院では、治療中から治療後まで、あなたのお口の中を細菌感染から守ります。
詰め物・被せものの治療は当院へお任せください。

虫歯に関するページはこちらもご覧ください


© HIKARI DENTAL CLINIC