歯科豆知識ブログ

  1. ひかり歯科医院
  2. 歯科豆知識ブログ

ブリッジとインプラントの比較





ブリッジにした場合
利点
● 被せるもの次第で審美性を保てる
● 食感や味覚に関して、自分の歯とあまり差がない
● 神経を残せる場合は、治療が比較的簡単


欠点
● ブリッジを固定するために、両隣の歯を削る必要がある
● 削ったあとでも、痛みがあれば神経をとらなければいけない可能性がある
● 支えになる歯に大きな負担がかかるため、8年程度でだめになる
● 抜けた歯のの部分の顎(あご)骨が痩せてしまうことがある
● 食べた物のカスが詰まりやすくなり、口の中が不衛生になる
● 発音しづらくなる可能性がある



インプラントにした場合
利点
● 噛む行為は自分の歯と同じ感覚で過ごせる
● 噛む力や味覚に影響がない
● ブリッジのように両隣の歯を削らなくてもいい
● 審美性を保つことができる
● インプラントが固定されれば、顎の骨がやせることがない
● 天然歯の負担を減らすことができる

欠点
● 歯を抜くのと同じ程度の手術が必要
●重度の糖尿病などの疾病や体質によっては治療ができない
● 費用が高額
● ブリッジより治療に日数が必要(ただし回数は同じ)



ブリッジについて
歯を抜いたままにしておくと、噛み合わせのバランスが崩れ、体のさまざまな部分に悪影響が現れます。それを防ぐために抜いた歯を補うのが、ブリッジという治療法です。
具体的には、1本歯がないときには、両隣の歯を削って型をとります。その型にあわせて歯科技工士が橋渡しのようなものを作るので、それをかぶせるという方法です。両隣の歯を土台にして人工の歯を支えるので、名前の通り、橋のような役割をします。
このブリッジには、メリットとデメリットがあります。
まずメリットは、比較的簡単に治療が出来ること。両隣の歯を削り、ブリッジを入れるだけなので、治療期間も短期間で済みます。保険もきくので安心です。


ブリッジには欠点があります。

両隣の歯を削らなければいけない
デメリットとしては、両隣の歯を削らなければいけないことがまず挙げられます。
ブリッジを行うためには歯を削らなければいけないので、表面にあるエナメル質という硬い組織がほぼ全部なくなってしまいます。エナメル質は歯を守る鎧のような役割をしているので、これがなくなると歯の強度が落ちてしまいます。


削って痛みが出た場合に、神経を取る場合もある
削る際に痛みが出ると、神経をとることになります。神経というのは正式な名前は歯髄(しずい)と言いますが、歯の表面はエナメル質、その中に象牙質という柔らかい組織があり、更にその中に歯髄が通っています。ブリッジにするために歯を削って痛みが出ると、神経を取らないと治療ができなくなることがあります。


神経をとってしまうと痛みを感じなくなるため、虫歯が進行しても気づけなくなるほか、歯がもろくなったり歯が弱くなったりとさまざまな影響があります。
歯の病気に感染しやすくなるので、ブリッジをする場合はよく考えてから治療を行わなければいけません。


歯周病のリスクがある
ブリッジをすると歯周病にかかりやすくなってしまいます。ブリッジをすると歯の根元に歯ブラシが届きにくくなることが原因です。


支えになる歯の負担が大きい
無事ブリッジが完成しても、支えている歯には大きな負担がかかります。そのためだいたいもって8年程度の耐久性となります。ブリッジを支えている2本の歯のうち1本が駄目になったら、その歯は抜かなければなりませんし、更に隣の歯を削って4本をブリッジでつなぐことになります。こうなると両端の歯に負担が蓄積するため、8年も持たなくなってしまいます。これを繰り返していくと、どんどん歯がダメになっていってしまいます。なお、この方法は何十年も前から行ってはいけないと定められているので、部分入れ歯にすることになります


自然に見える歯科治療!オールセラミック


今回は審美治療の中でも、特に審美性の優れたオールセラミックについてご紹介していきます。

オールセラミックはその名のとおり、詰め物や被せ物をすべてセラミックのみで作製する修復法です。オールセラミックはセラミックの持つ性質を最大限に引き出すことができるため、得られるメリットも多くなります。






オールセラミックとは
セラミックを用いた治療にはハイブリットセラミックやメタルボンドなど様々ありますが、詰め物や被せ物すべてにセラミックを使用したのがオールセラミックです。

オールセラミックには、オールセラミックインレー、オールセラミッククラウン、オールセラミックブリッジの3つの種類があります。

オールセラミックインレー
虫歯などで歯を削った後に入れる詰め物をインレーといいます。保険が適応できるインレーはプラスチックと金属でできていますが、どちらも耐久性に劣り、年月が経過するとともに劣化や変色を起こしてしまいます。オールセラミックは歯とのなじみが良く、見た目に優れるほか、虫歯になりにくいという特徴があります。



オールセラミッククラウン
1本の歯に入れる被せ物をクラウンといいます。保険適応のクラウンは金属を使用することが多く、経年劣化のほか見た目も劣ります。またセラミックを使用するクラウンにはメタルボンドというクラウンがありますが、裏側に金属を使用するため、透明感がやや劣るほか、金属アレルギーの方には使用できません。

オールセラミッククラウンは被せ物のすべてがセラミックでできているため光を通しやすく、天然の歯のようなツヤや透明感を再現することができます。また金属を使用していないため、金属アレルギーの方でも安心してご使用していただくことができます。



オールセラミックブリッジ
歯を1本ないし2本失った際に、残っている歯を削って橋渡しのように歯を補う被せ物がブリッジです。クラウン同様、保険適応のブリッジでは金属を使用しています。従来のセラミックは強度が不十分だったため、セラミックのみでブリッジを作製することができませんでした。しかし近年はセラミックにも強度の強い素材が誕生したため、ブリッジもオールセラミックで作製することが可能となっています。




見た目だけではない!オールセラミックのメリット
セラミックの進化によって様々な治療が可能となったオールセラミックには、以下のようなメリットがあります。

天然の歯に近い自然な色合いや透明感が再現できる
セラミックの1番のメリットといえば、優れた審美性です。中でもオールセラミックは金属やプラスチックをまったく使用しないため、セラミックのメリットを最大限に引き出すことができます。特にオールセラミックは透過性に優れているため、天然の歯のような色合いやツヤ、透明感を再現することができます。

耐久性に優れ、変色しない
オールセラミックは耐久性に優れ、半永久的に劣化をおこさないのが特徴です。お口の中は食べ物によって酸やアルカリといった化学変化や温度変化が激しく、金属やプラスチックなどは長い時間をかけて腐食や劣化をおこします。オールセラミックはそのような厳しい環境に耐えることができるため、長期的に安定した状態を保つことができます。

プラークが付着しにくく、虫歯になりにくい
オールセラミックは歯や歯ぐきとの馴染みが良く、また精度にも優れているため、詰め物や被せ物を歯にピッタリ合わせて装着することができます。そのため歯との間にわずかなすき間や段差が生じることもなく、汚れがたまりやすくなる心配もありません。またオールセラミックは表面が非常になめらかなため、プラークが付着しにくく虫歯になりにくいという特徴を持っています。

金属アレルギーの方も安心
オールセラミックは金属をまったく使用しないため、従来の治療で金属を使用できなかった金属アレルギーの方にも安心して治療を受けていただくことができます。



オールセラミックに使用されるセラミックの種類
セラミックが誕生してから今日まで様々な研究が進み、セラミックの材料も進化を遂げています。ここではオールセラミックでよく使用されるセラミックの種類をご紹介していきます。

アルミナ
セラミックの登場から今日まで主流となっている材質がアルミナです。アルミナは私たちの身近にあるお茶碗などの陶器やガラスなどにも使用されています。

アルミナは他のセラミックの材料の中で最も審美性に優れ、もともとある歯の色調に合わせて加工することができます。そのため前歯の治療ではこのアルミナを使用したオールセラミックが選ばれます。ただその一方で硬さや強度に劣るため、奥歯やブリッジではアルミナを単独で用いることはできません。

ジルコニア
アルミナの欠点であった硬さや強度を改良したのがジルコニアです。ジルコニアは人工ダイアモンドと同じ元素で構成され、身近なものではセラミック包丁などで利用されています。

ジルコニアの誕生によって、これまでは難しかった奥歯やブリッジのオールセラミックの作製が可能となりました。ただ硬すぎるため、ジルコニア単体では咬み合わせる天然歯にダメージが大きくなるケースもあります。またアルミナのようなツヤや透明感がなく、審美性はやや劣ります。

二ケイ酸リチウムガラス含有セラミック(e-max)
近年新たに誕生し、ジルコニアと並んで注目されているのが、二ケイ酸リチウムガラス含有セラミックで、e-maxという商品名で知られています。

e-maxは曲げたときの強度に優れ、これまでのセラミックにはない「しなやかさ」を持っています。そのため天然の歯を傷つけることがなく、咬み心地も良好です。また透明度が高いため審美性にも優れています。ただ歯の細かい形態や色調を再現するにはやや劣ります。


1日で歯の治療ができる!セレックワンデイトリートメント


詰め物や被せ物を白くして、自然に近い美しい歯へ仕上げるセラミック治療。このセラミック治療をたった1日でおこなえると近年注目を集めているのが「セレックワンデイトリートメント」です。

今回はセレックワンデイトリートメントとはどのような治療法なのか、また具体的な流れなどについても詳しくご紹介したいと思います。




 

セレックワンデイトリートメントとは
セレックシステムは医療先進国のドイツが開発した、歯の修復物をコンピュータ制御によって作製していくCAD/CAMシステムです。

「CAD/CAMって最近よく耳にするけど、どういうもの?」と思われる方も多いでしょう。CAD/CAMを簡単に説明すると、CADはコンピュータを使って設計をおこなうこと、CAMはコンピュータを使って製品を作製することを意味しています。つまりCAD/CAMシステムとは、物づくりにおけるデザインの決定や設計から製造までをすべてコンピュータでおこなうことなのです。

「歯型を取る」「修復物を作る」「装着する」が1日で可能
歯科医院の従来の治療では、歯を削ったあと歯型を取り、その歯型から歯の模型を作り、その模型を使って歯科技工士が修復物を作製していきます。そのため外部の歯科技工所に依頼している歯科医院では、歯を削ってから修復物を装着するまで1週間程度はかかります。また院内に技工所を設ける歯科医院であっても、1~2日の時間は要するでしょう。

セレックシステムは歯を削ってから後の作業、つまり「歯型を取る」から「修復物の作製」までをすべてコンピュータがおこないます。これに要する時間はおよそ1時間程度。つまりセレックシステムを使用すれば、歯の治療が1日で完了することができるわけです。このようなセレックシステムによる同日内の治療を「セレックワンデイトリートメント」と呼んでいます。


 

「キレイ!」「早い!」「安い!」セレックワンデイトリートメント
セレックワンデイトリートメントには次のようなメリットがあります。

美しい仕上がりと抜群の耐久性
セレックシステムでは、高品質のセラミックブロックから歯の形に合わせた詰め物や被せ物を削りだしていきます。セラミックは歯科材料の中でも特に審美性に優れ、透明感のある質感は天然の歯と合わせてもほとんど違和感がありません。またセラミックは耐久性が高いため、お口の中で長期にわたり安定した状態を保てます。

すべての治療を1日で終えることができる
セレックワンデイトリートメントは、なんといってもセラミック治療を1日で済ませられることが最大の特徴といえるでしょう。「歯の詰め物を白くしたいけど、忙しくて時間がない」「大事なイベントまでに歯を綺麗にしたい」など、治療にあまり時間をかけられない方にお勧めの治療です。
(ただし歯の状態や、治療する歯の本数によっては、複数回の治療が必要となる場合があります。詳しくは担当医師にご相談ください)

通常のセラミック治療よりも低価格
セレックワンデイトリートメントによるセラミック治療は、歯科技工士の手を介さずすべて院内のコンピュータで作製をおこないます。そのため通常よりもリーズナブルな価格でセラミック治療を受けることができます。

金属アレルギーの方でも安心して治療を受けられる
セレックワンデイトリートメントで作製する詰め物や被せ物はすべてセラミックで、金属はいっさい使用していません。したがって金属アレルギーの方も安心して治療を受けることができます。

 

セレックワンデイトリートメントの流れ
セレックワンデイトリートメントにかかる所要時間は、来院してから治療が終わるまで1~2時間程度です。
それではセレックワンデイトリートメントはどのような流れで治療をすすめていくのか、具体的に見ていきましょう。

ステップ1:診査・カウセリング
お口の中やレントゲンなどを実際に確認し、セレックシステムによる治療が可能であるかどうかを診査します。またセレックシステムのメリットやデメリットについて詳しくご説明し、内容を十分理解しただいた上で治療を開始していきます。

ステップ2:歯を削る
もともとお口に入っている詰め物や被せ物を外したり、虫歯のある歯を削ったりしていきます。

ステップ3:口腔内カメラでお口の中を撮影
通常の治療では歯を削った後に歯型を取る作業をおこないますが、セレックシステムでは専用のカメラで削った歯とその周囲の歯、咬み合わせの歯を撮影していきます。撮影した画像はコンピュータ処理によって3D画像へと変換されます。ここまでのステップが完了したら患者様にはいったん診療室から退出していただき、待合室でお待ちいただきます。

ステップ4:コンピュータ上で修復物の設計する
コンピュータ画面に映しだされた3D画像上で、詰め物や被せ物の設計をおこないます。

ステップ5:設計を元に修復物を作製する
患者様の歯の色に合わせたセラミックブロックを選択し、専用の機械で設計した修復物を削りだしていきます。

ステップ6:修復物を装着
患者様に再度診療室へ入っていただき、出来上がった修復物を装着していきます。咬み合わせなど細かい調整をおこなえば、治療終了です。


安心安全のインプラント治療のためのサージカルガイド


インプラント治療をより安全に進めるためには、適正な位置に正確にインプラントを埋入することが重要となります。その実現のために使用されるのが「サージカルガイド」と呼ばれる医療器具です。

今回はサージカルガイドとはどのようなものか、詳しくご紹介したいと思います。




 

需要が高まる一方で増えているインプラントのトラブル
見た目や咬み心地などを天然の歯に近い状態にまで回復できるインプラントは、「第2の永久歯」という呼び声も高くなっています。

しかしその需要が高まる一方で、インプラントに関するトラブルが増えてきていることも確かです。せっかくインプラントにしたのにうまく咬めない、歯並びがおかしい、歯磨きがしづらいなど、高額な治療を払っているからこそ裏切られた時の失望感は大きくなります。

さらにもっと深刻なのは、インプラント後に痛みが取れない、しびれがあるなどの後遺症が残ってしまったケースです。このようなインプラントのトラブルの原因の多くは、治療前の事前準備の不備によるものが多いといわれています。


綿密な治療計画をたてていないことがトラブルの元となる
インプラントは歯ぐきの下にある歯槽骨(しそうこつ)と呼ばれる顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせていく治療法です。インプラントを安定させるためには、まずインプラントを維持するのに必要な骨量が必要となります。人工歯根を埋め込む場所に十分な骨の厚みや幅があるか、この点をきちんと把握しなければ、インプラントが定着せず、早期に脱落する可能性が高くなります。

またインプラント手術で最も注意を払わなければならないのが、歯槽骨に人工歯根を埋めるための穴をドリルであけていく作業です。このときドリルを入れる位置や方向を間違えると、インプラントが予定とは違う場所に埋め込まれたり、斜めに傾いた状態で埋め込まれたりしてしまいます。その結果「うまく咬めない」といったトラブルを招いてしまうのです。

さらに下顎の骨の中には大きな血管や神経が、上顎には上顎洞と呼ばれる空洞が存在しています。このような重要な組織の位置を正確に把握しなければ、術中にドリルで傷つけてしまい後遺症が残ることになってしまいます。

以上のようにインプラント治療で発生するトラブルの多くは、事前に精密な検査をおこなわず、十分な治療計画も立たないまま行き当たりばったりで治療を進めた結果といわざるをえません。


 

インプラントの安全性を確立するサージカルガイド
インプラント治療を安全におこない、また予後を良好なものにするために最も重要なのが、インプラントを埋入する適正な位置や方向の決定です。さらに実際のインプラント手術では、事前に設定した位置にドリルを合わせて穴をあけていく必要があります。

サージカルガイドは、インプラントを埋入する正確な位置を把握するための「ものさし」です。実際の手術では患者様のお口にサージカルガイドを装着し、ガイドの目印にそってドリルを挿入し、顎の骨に穴をあけていきます。

「ものさし」はそれ自体が精密かつ正確でなければ、全く意味がありません。したがってサージカルガイドを作製するにあたっては、歯科用CTで得た情報を元に、コンピュータ上で綿密な治療計画を立てていきます。


歯科用CTで正確かつ精密な情報を得る
安全で予後の良好なインプラント治療をおこなうためには、まず患者様のお口の状態を正確に把握するための検査が必要となります。ただ実際にインプラントを埋入する骨は歯ぐきの中にあり、直接目で確認することはできません。またレントゲン写真は平面での情報はある程度得られるものの、骨の幅や厚みなどを測ることは不可能です。

しかし近年は歯科用CTが登場し、レントゲン画像だけではわからなかった骨の幅や厚み、神経や上顎洞の位置が正確に把握することができるようになっています。


立体画像上でインプラントの埋入位置や方向をシミュレーションする
歯科用CTなどで得られた情報は、コンピュータ上に立体画像で映し出すことができます。つまり患者様のお口の中がそのままそっくりコンピュータ画面に再現できるわけです。

その画像上で、どこに被せ物を入れるのが最良か、またそのためにはどこにインプラントの歯根を埋入すれば良いのかを何度もシミュレーションしていきます。


シミュレーションを元にサージカルガイドを作製
画像上のシミュレーションでインプラントを埋入する位置や方向、角度などが確定したら、その情報を正確に写したサージカルガイドを作製します。サージカルガイドはプラスチック製のマウスピースのような形状をしており、ドリルを差し込む位置に穴があいています。実際の手術ではそのサージカルガイドを患者様のお口に装着し、ガイドに掘られた穴に沿ってドリルを入れていきます。これによりドリルのブレが防げるほか、事前に決定した位置や方向に正しくインプラントを埋入することができます。

サージカルガイドは術後の痛みや腫れを少なくできる
サージカルガイドは安全で正確なインプラント手術が実現できることともう1つ、従来よりも術後の腫れや痛みを少なくできるという利点があります。

従来のインプラント手術では、歯ぐきを切開して骨の状態を確認する必要がありました。しかしサージカルガイドを使用する手術では事前の歯科用CT検査で骨の状態が把握できているため、基本的には歯ぐきを切開する必要がありません。これにより患者様の手術における負担が軽減し、術後の痛みや腫れが少なくなります。


マウスピースで矯正する!?インビザライン


インビザラインはマウスピースでおこなう新しい矯正治療です。

従来の矯正方法といえば「ブラケット装置」が主流で、歯の表面にボタンのようなブラケットを装着し、そのブラケットをワイヤーでつないで歯を動かしていく治療がおこなわれます。ブラケット装置はあらゆる症例に対応できる一方で、装置が表に見えて見栄えが悪い、また違和感や痛みが強いなど、いくつかの欠点もあります。

インビザラインは薄い透明のプラスチックを装着するだけという手軽さと、なにより見た目が気にならず違和感も少ないことから、近年ますます人気が高まっています。一方でインビザラインにもデメリットはあり、その点をよく理解しておこないと思わぬトラブルを招きかねないので注意が必要です。

今回はインビザラインとはどのような矯正治療なのか、メリットやデメリットなども含めご紹介したいと思います。





 

インビザラインとは
インビザラインは、1997年にアメリカのアライン・テクノロジー社が開発したマウスピース型の矯正装置です。現在までに世界中で100か国以上に導入され、400万人を超える治療実績があります。日本においては2006年に導入がはじまり、新たな矯正治療として定着しつつあります。

数十個のマウスピースを10日~2週間ごとに取り換える
「マウスピースで歯を動かす」といわれても、マウスピースを装着するだけでなぜ歯が動かせるのか不思議におもわれる方も多いでしょう。そこで簡単にインビザラインのメカニズムについてご紹介します。

インビザラインでは治療に必要な検査や歯型の採取をおこなった後、そのデータを一旦アメリカのアライン・テクノロジー社に送付します。アライン・テクノロジー社ではそのデータをデジタル化し、理想的な歯並びになるまでの治療過程を3D映像でシミュレーションしていきます。

送られてきたシミュレーション画像を元に、担当矯正医はどのように歯を動かしていくのか治療計画を作成し、各過程にあわせたマウスピースを再度アライン・テクノロジー社に発注します。

マウスピースが出来上がったら治療開始です。患者様に最初のマウスピースを装着してもらい、その後の歯の動きにあわせて新たなマウスピースに取り換えていきます。

症例によっても異なりますが、1回の治療で30~50個程度、多くなると70個ほどのマウスピースが作製されます。それを10日から2週間ごとに取り換えていきながら、個々の歯を理想的な位置へと導いていくのがインビザラインの特徴です。


 

インビザラインのメリットは「目立たない」「痛みが少ない」
インビザラインには次のようなメリットがあります。

装置を装着していても、人目に気づかれにくい
インビザライン最大のメリットは、従来の矯正装置にある「見栄えの悪さ」が解消できることです。インビザラインで使用するマウスピースは透明で薄く、装着していても周囲に気づかれることがありません。また装着による違和感も少ないので、日常生活の中でストレスを感じることも少ないでしょう。

治療中の痛みが少ない
インビザラインは従来の矯正装置よりも歯に加わる力が小さいため、矯正治療中の痛みも少ないといわれています。

また従来の装置ではブラケットが引っかかったり、ワイヤーが当たったりして頬や歯ぐきを傷つけることがあります。傷口から口内炎を発症すると「痛くて食事ができない」などの支障をきたすこともあるのですが、インビザラインではそのような心配もありません。

取り外しができるので、歯磨きがしやすい
インビザラインは取り外し式の矯正装置で、食事もマウスピースを外しておこなうのが基本です。「装置に食べ物が挟まる」などのストレスが解消されるため、これまでと同じように食事を楽しむことができます。

また歯磨きも装置を外しておこなえるので、歯ブラシが当てやすいのもメリットの1つでしょう。

金属アレルギーの方でも安心して治療できる
インビザラインで使用するマウスピースの材料はプラスチックなので、金属アレルギーの方でも安心して治療をおこなうことができます。

 

インビザラインで注意したい3つのポイント
インビザラインは従来の治療にはない多くのメリットがある一方で、注意しなければならない点がいくつかあります。どんなに素晴らしい治療でも必ずデメリットはあるので、良いところばかりに気をとられず慎重に検討するように心がけましょう。

1日20時間の装着が義務付けられる
インビザラインのマウスピースは1日20時間の装着が義務付けられます。つまりほぼ1日中マウスピースを装着しておくことになります。取り外しのできない従来の装置に比べるとずいぶん楽ではあるものの、「取り外しだから」と安易におこなえる治療でないことを十分理解しておきましょう。

自己管理の比重が大きい
インビザラインはマウスピースの装着や管理を患者様自身がおこなう治療法となります。特に装着時間に関しては、患者様がそれを正しく守らないと良好な治療結果を得られない可能性があります。したがって自己管理に自信がない方や面倒くさがりの方には、あまり向いていない治療法かもしれません。

油断をすると虫歯になりやすい
インビザラインは装置を取り外すことができるため、歯磨きがしやすいというメリットがあります。そのため従来の治療よりも虫歯になりにくいとイメージされやすいのですが、実はそこが盲点となっています。

確かに歯磨きはしやすのですが、インビザラインは歯全体を覆うマウスピースを長時間装着しておかなければならないため、従来の治療よりも虫歯になるリスクが高くなります。特に食事の後、しっかり歯を磨かないままマウスピースを装着すると、マウスピースの中で多くの雑菌が繁殖してしまいます。
したがってインビザラインで矯正治療をおこなう場合は、これまで以上にホームケアを徹底しなければなりません。


エントリーリスト


〒421-0113  
静岡市駿河区下川原6丁目28番4号


phone054-257-8888054-257-8888

無料メール相談

ネット予約

診療時間
9:00〜13:00
14:00〜18:30

★土曜日の午後は、14:30~17:30まで。日曜日、祝祭日は休診です。
※各種保険を取り扱っています。
※保険以外の自由診療については治療内容をご説明し、ご相談申し上げます。

© HOKARI DENTAL CLINIC