ひかり歯科ブログ

  1. ひかり歯科医院
  2. ひかり歯科ブログ
  3. スタッフ

子供が学校でもらった歯科健診の「結果の紙」 本当に見るべきポイントとは?

スタッフ

学校歯科健診で何も指摘されなかったけど、安心していいの?

毎年、春に行われる学校歯科健診。お子様の歯科健診の「結果の紙」は、ご覧になられましたか?

歯並びや顎関節など成長に伴う体の変化によって、「要観察」などにチェックがついてしまうお子様も多く、「大丈夫でしょうか?」と不安になられるお母さんもいらっしゃいます。反対に「異常なし」の結果に安心されて、歯医者に行かなくて大丈夫と思われる方もいらっしゃいますが、そうではありません。

では、歯科健診の「結果の紙」をもらったらどうすべきなのでしょう? 今回は、歯医者さんで受ける検査との違いや見るべきポイントなどをお伝えいたします。

≪目次≫
1)学校での「歯科健診」と、歯医者さんで受ける「検査」の違い
・学校健診の主な目的は「目で分かる」問題のチェック
・歯科医院の検査の目的は、十分な設備の元で「総合的な診断」を行うこと
2)お子さまの健診もお任せください
・成長に合わせた健診内容
・虫歯などの早期発見・早期治療
・噛み合わせについての相談
・健康保険・医療証が適用できます

1.学校での「歯科健診」と、歯医者さんで受ける「検査」の違い


●学校健診の主な目的は「目で分かる」問題のチェック


学校歯科検診では、主に目視によるスクリーニング検査を行います。スクリーニング検査とは、 大勢の人の中から「特定の病気の疑いがある人」の早期発見、早期治療につなげるための検査です。お子さんのお口の中の状態を、「健康・要観察・要治療/要精密検査」の3段階にふるい分けしていきます。

保護者の方やお子さん自身も気付いていない、虫歯や歯並びなどの状態を識別すること、また、治療途中のままになっている歯の「治療の再開を促す」ことも目的としています。

歯科医院での診察と変わらないように見えますが、学校歯科健診ではあくまでもスクリーニング検査のみを行うので、歯科医院で行うような精密な検査はできません。見落としがないように歯科医師が一生懸命気を付けていても、限られた時間と設備・目視のみでは、歯と歯の間の小さな虫歯まですべて確認する事は難しいです。

これが、「歯医者に通っているのに、歯科健診の結果の紙には“虫歯あり”となっていた!」 「歯科健診の紙には異常なしだったのに、歯医者さんで虫歯が見つかった!」という事の原因です。

●歯科医院の「検査」の目的は、十分な設備の元で「総合的な診断」を行うこと

歯と歯の間や、顎の骨の状態などは目では見えません。目で見て分からない部分に「虫歯がないか」、「乳歯の下に大人の歯があるか」などレントゲンや専用の機器を使って詳しく検査した上で、「診断」することが歯科医院では可能です。

歯科医院の検査は、歯科医師や歯科衛生士が、歯、歯肉の状態、磨き残しの箇所のチェックなど様々な角度から細かくチェックし、目視の状態やレントゲン画像などを元に総合的に診断していきます。

この検査の目的は、現状をきちんと把握した上で確定診断をし、1人1人に合った治療や予防処置の方針を決めるためのものです。そのためには、明るい照明のもとレントゲンなどの専用の器具がそろった状態で「お口の中がしっかりと見える環境」も重要なポイントなのです。

子供の学校歯科健診の「結果の紙」の内容は、あくまでも目安のものですので、「絶対大丈夫!」とは安心できません。確実に診断するのであれば、歯科医院での受診をおすすめいたします。


「目で見て穴が開いてないから、虫歯ではない。」とは、言いきれません。

2.お子さまの健診もお任せください     


歯肉炎・歯磨きが不十分・不正咬合・・・どこで診てもらえばいいの?


●成長に合わせた健診内容


3歳頃~就学前まで


上手に診療チェアに座れる2歳前後から、歯医者さんデビューをしてみませんか?
まずは歯科医院に慣れることや、虫歯予防のフッ素を塗る練習をしていきましょう。

歯科医院で塗布されるフッ素は、市販の歯磨き粉に含まれるものと濃度が違うので3~4か月毎を目安に行います。フッ素塗布後は、予防効果が低下するのを避けるため、30分は飲食をしないようお願いしています。

また、この頃はまだ自分でうまく歯を磨けない時期です。お子さん自身で歯を磨いた後は、保護者の方が仕上げ磨きをされているかと思います。「歯磨きを嫌がって、仕上げ磨きをさせてくれないんです・・・。ちゃんと磨けているんでしょうか?」「ジュースや甘いものが大好きで・・虫歯にならないか心配」と悩まれる方は多く、健診の際には歯科衛生士による食生活のアドバイスや仕上げ磨きのポイントなどをお話させていただきます。

小学生

小学生になると徐々に乳歯が抜け、永久歯に生え変わっていきます。グラグラの歯があったり、生えかけの歯があったりと、乳歯と永久歯が混在する時期は特に磨き残しが多くなりやすい状態です。
永久歯は乳歯と違い、一度失ってしまうともう二度と戻ってきません。おじいちゃん、おばあちゃんになるまで使う大切な歯です。出来るだけ、こまめにお口の中をチェックしてあげましょう。

この頃は、お家でも自分できちんと歯磨きができるように歯科医師や歯科衛生士から、お子さん自身への歯磨き指導を行います。
「歯並びがデコボコしている」「歯の生え変わりの途中」「歯磨きが不十分で歯肉炎になっている」・・・
お口の中はお子さん1人1人違います。お子さんに合った歯ブラシの使い方や、磨き残しが溜まりやすい場所の磨き方をお伝えしていきます。

●虫歯などの早期発見・早期治療

「痛みを感じない」から黒いけど放置してある虫歯や、「痛みが出るほど」進行してしまった虫歯、神経まで感染してしまった虫歯・・・。こうなってしまうと、治療期間も長くなってしまいます。お子さんに痛い思いも、させたくありませんよね。

「乳歯だから虫歯になったら抜けばいい」と考えられる方もいらっしゃいますが、乳歯を抜いてしまう事で歯並びに影響がでてしまう事もあります。また、その下で準備していた永久歯も、お口の中の環境次第で虫歯になってしまう事もあるのです。

定期的に歯科医院で健診を受けることで、初期虫歯が見つかったとしても、歯科医師・歯科衛生士による管理・指導と丁寧なケアによって、歯を削らず現状維持することも可能です。万が一、経過観察をしていく中で虫歯が進行してしまうようであれば、早期治療によって最小限の治療で済みます。

お子さんの成長はとても早いです。お口の変化にいち早く気付き、その子に合わせた歯磨き指導や治療を行うためには、歯科医院での定期健診が欠かせません。歯科医師・歯科衛生士による適切なケアによって、虫歯の「早期発見・早期治療」、虫歯にならないように「予防」していくことをおすすめいたします。

●噛み合わせについての相談


「不正咬合」だと、歯科健診の結果用紙で初めて知る方も多く、「矯正しなければいけないのかな?」「お金もかかるし、すぐにやった方がいいの?」と不安になられるお母さんも少なくありません。急ぎでなければ、まずは歯医者に定期健診で通う中で今後について、歯科医師と相談してみてはいかがでしょうか。

不正咬合は、大きく分けて4種類あります。歯がデコボコに並んだ「叢生」、 出っ歯の「上顎前突」、
受け口の「下顎前突」、前歯が閉じない「開咬」。

これらは学校歯科健診で不正咬合と判断されることがあり、実際に歯科医院で詳しく検査し、歯並びや噛み合わせに問題がある場合は、改善するための矯正治療が必要となります。
矯正治療を希望される方の多くは審美面を気にされますが、見た目だけでなく「噛む」機能の回復や「発音」の改善にも繋がるため、気になる方は一度ご相談ください。
※詳しい検査・診断・矯正治療は健康保険外となります。

●健康保険・医療証が適用できます

お子様の健診で行う、虫歯の有無、歯肉の状態、磨き残しのチェック、歯磨き指導、レントゲンなどの検査は全て健康保険が適用されますので、ご安心ください。受付にて、「健康保険証」と「医療証」のご提示をお願いいたします。

保護者の方へ

お子さんが持って帰ってきた、学校歯科健診の「結果の紙」。
「痛くないみたいだし、歯医者に行くのも面倒だし、いいか。」なんて思うのは、危険信号です!

まずはきちんとした「診断」を受けに、歯科医院へ足を運んでみてはいかがでしょうか。


セレック治療

スタッフ

ひかり歯科医院では、昨年末にセレックという新しい設備を導入しました。

この設備の導入により、あの粘土の様な型取りを行わず光学カメラでスキャンするだけで詰め物や被せ物を作ることが出来るようになりました。

スキャンの時間も数秒で終わりますので、かなり治療の負担を軽減することができます。

こちらが光学カメラです。


さらに光学カメラでスキャンした画像がこちらです。



スキャンしたデータをコンピュータ上で設計して歯の詰め物を理想的な形にしていきます。

もちろんかみ合わせも確認できます。

そして、ミリングマシンと呼ばれる機械でセラミックのブロックをデータをもとに削り出していきます。



そうなのです!

わずか1日で治療が終わります。

虫歯の大きさにもよりますが、型取りして技工士さんに作製して頂いていたものが、その日のうちにひかり歯科医院で完成します。

メリットは、通院回数が減ります。さらに仮の蓋の期間がありませんので、感染なども起こりにくく、傷が1日で治るイメージです。

また、セレックで使用するセラミックは、工場で企画で作られている為、不純物などが少ないです。カラダの一部になるので不純物などが少ないという事は、大切にしたい要素です。

セレック治療は、基本的に保険外治療になりますが、ご自身の歯の大切さにはかえれません。

もちろんひかり歯科医院では、特別に歯とセラミックの表面を処理してしっかりとした接着システムでくっつけていきますので、銀歯の詰め物よりも二次的に虫歯になる確率が下がります。

セレック治療の治療時間は、1時間から1時間30分程度です。

1日で一回の麻酔で治療が終わるのもセレック治療の利点です。

こちらの写真がセラミック治療の治療前と後の写真です。









写真の様に見た目も銀歯より綺麗で会話や笑ったくらいでは、治療していることがわからないくらいになりますが、本当はセラミック治療の良い点は、見た目だけはありません。

二次的な虫歯が出来にくい、アレルギーになりにくいカラダに優しい材料、かみ合わせた時に複数の金属による不調和なども起こりにくいといったような沢山の良い点があります。

この1日で治る治療は、もちろん設備が整っていないと行えません。また、ひかり歯科医院ではマイクロスコープという歯科顕微鏡も導入していますので、虫歯を取る時にマイクロスコープを使用して出来るだけ歯を削る量を少なくし、詰め物がぴったり合う様に削るように取り組んでいます。

もちろん治療技術も日々研鑽し、セレックを十二分に使いこなせるようトレーニングしています。

セレック治療に関する事は、いつでもひかり歯科医院のスタッフにお尋ね下さい。


口臭予防しませんか?

スタッフ

人と話をするときに口臭がする気がする…。


朝起きると口がねばねばする…。


口臭が気になる瞬間がありませんでしょうか。


知らず知らずのうちに口臭がきになると思われていたらショックですよね。

自分で口臭はなかなか気づけないものです。

普段、人から口臭に関してアドバイスをもらうことはほとんどありません。

それは口臭の指摘がデリケートな問題でとても指摘しにくいからです。

つまり、口臭があるかどうかは自分がそのことに対して意識を持っていて、改善しようと思うかどうかがとても重要になってきます。

以前テレビ番組でこのような実験がありました。

おじいちゃんに口臭が発生する食べ物を食べてもらい、小学生低学年の孫と遊んでもらったのです。

結果、孫はすごく口臭を気にしていたのに、「おじいちゃん、口臭がする」とは言わなかったのです。

率直に意見を伝える子供ですら、口臭に関して直接意見をすることはないのです。

実際に口臭がある方は自分の口臭に気づいていないことが多いという事実があります。

自分の部屋でもありますが、自分の部屋の臭いには気づかないものです。

その臭いになれてしまうのです。

慣れてしまうとなかなか気づくことは難しいです。

これは臭いの発生するもの全てに言えることです。

ワキガの方や香水を強くつけている方も自分がとても臭うということには気づきません。

それは常に身に着けているので感覚がどんどん麻痺していってしまうのです。



口臭は周りから指摘もされず、自分でも気づくことができない難しい症状なのです。

口臭を改善する場合にはまずは自分で意識をあげることが重要になってきます。

口臭の原因は?


様々な原因が口臭を発生させるといいます。

例えば普段の生活の中でストレスを感じたり、緊張を感じたりすると口の中が渇き、ネバネバする状態になることがあります。人によって口臭になる状態は異なりますが、口腔内が乾いた状態、唾液の分泌量が減っている時に口臭が発生することがあります。

誰かの前で話すことになった、プライベートで好きな人と個室空間で話すことになったなど、そのような時は緊張から口臭を発生させるかもしれません。

また、空腹時なども口臭が発生します。

これは「膵液(すいえき)」という消化液が分解されてガスが発生するからです。
特に気をつけたいのはダイエットの時です。

空腹感がずっと続いてしまうと不快な臭いを発生させてしまいます。

口臭が発生する前提はやはりお口の中の異常状態があります。

特に歯周病によって歯ぐきの状態が悪くなるのはお口の異常状態を表すサインかもしれません。

歯周病かどうかを知る方法


歯ぐきは赤く腫れあがっていないですか?


歯ぐきが赤く腫れあがっていて、歯と歯の間の三角形の部分がプヨプヨに柔らかくなっている場合には歯周病の可能性があります。

歯ぐきは徐々に下がってきていませんか?


歯が伸びているように見える、歯ぐきが下がってきているというように感じるのであればそれは歯周病の影響かもしれません。

りんごなどを食べたときに食べた部分に血がついていませんか?


それは歯槽膿漏までに発生し、膿が出る寸前かもしれません。
歯ぐきの痛みを感じるようになったら早急に歯医者に相談をした方が良いです。

口臭の原因の80%は口の中にある


口臭の原因は一部外部環境とも言われていますが、ほとんどの場合が自分のお口、歯のケア状態が良くないからです。

実は自分ではしっかり歯を磨いたと思っていても歯垢がとれていないことがあります。

試しに歯を磨いた後に特定部分、特に歯を磨きにくい部分をようじなどで少しこすってみてください。

歯磨きをしたばかりなのに歯垢がついていることがあります。

「磨いている」「磨けている」ということは違うのです。

口臭を考慮した場合にはまず正しい歯磨き方法を活用して、歯垢を取り除かなくていけません。

ひかり歯科クリニックでは患者様の歯磨きの癖や力強さを確認してから歯磨きのアドバイスをしております。

歯周病につながる、または口臭の原因は口の中に生息している細菌が食べかすなどに含まれるたんぱく質を分解して、臭いの元である化合物を発生させてしまいます。



ただ磨くのではなく、歯垢が残りやすい部分を丁寧に磨いていくことが大切になります。

舌の表面も磨いていますか?


舌の表面についている食べかすもしっかりと磨くことが重要です。


舌の表面には食べかすが古くなった細胞ととともにくっついており、古くなった細胞などが付着した白い苔のような汚れとなっています。


これを「舌苔(ぜったい)」と呼ぶます。


この舌苔をとることで口臭予防が可能になります。



口臭予防


歯医者と言えばむし歯治療と思いがちですが、今は重要になってきているのは歯の予防です。

特に歯周病から歯を守ることはとても重要です。

治療をするのではなく、歯を守る、そのためには定期的に歯医者さんに通い、メンテナンスを受けることをお勧めします。

口臭も歯周病から来ているので、歯磨きでお口の中の状態を改善するだけでなく、国家資格を持った歯科衛生士からプロフェッショナルクリーニングを受けるとよいです。

歯ぐきの中にもぐりこんでしまっている汚れも歯科衛生士であれば除去することができます。

自分ひとりでは歯を常にきれいな状態にすることは難しいのです。

歯科医院に3ヶ月に1度通うだけで、劇的な改善がみれます。

口臭に関しても大きく改善されるでしょう。

口臭予防はもちろんのこと、歯を歯周病から守るためにもかかりつけの歯科医院を決めて相談をすると良いと思います。

もしかかりつけの歯科医院がない場合には静岡市のひかり歯科クリニックにぜひ一度ご相談ください。

ご相談お待ちしております。


フッ素塗布

スタッフ

こんにちは!
歯科衛生士の井口です。
前回むし歯予防としてシーラントを
ご紹介しましたが、今回はお家での
お子さんのむし歯予防をお伝えします!
むし歯予防ときいてみなさん
なにをイメージしますか?

 

 

今では痛くなってから歯医者さん
に行ってなおすのではなく、
むし歯にならないよう歯医者さんに
きてくれるひとが増えています!

 

 

主にお家での歯ブラシだけでは
とりきれない汚れをわたしたちが
とってきれいにしていきます。

 

そしてお子さんには
フッ素塗布をおすすめしています!

 

フッ素はむし歯菌から歯を守り

再石灰化といって弱った歯を
強化してくれる効果もあります

 

特に生えたての永久歯は表面が弱く
とってもむし歯になりやすいので
はやくからフッ素をとりいれるのを
おすすめしています!

 

フッ素はどれくらいの頻度で
ぬったほうがいいですか?と
質問されることが多くありますが

 

一度ぬってずっと効果が持続する
のではなく定期的にとりいれて
継続していくことが重要です。

 

うちでは3ヶ月ごとおそうじをして
フッ素塗布を行っています。

 

 

これがフルオールゼリー



濃度が高く歯医者さんでしか
ぬれないりんご味のフッ素

 

 

そしてこれと併用しておうちで
使ってもらうようおすすめして
いるのはお家用のフッ素です

レモンティー味
バナナ味
グレープ味
ピーチ味
ミント味
バナナはフッ素の濃度が低く
3歳未満用になっています!
グレープ、ピーチが人気です♡

 

 

歯みがきの後につけるフッ素ジェルで
寝る前につけるのが効果的です。

 

 

年齢によって量を使い分けましょう!

 


おうちでも楽しく歯みがきできるようわたしたちが協力しますので、なにかありましたらご相談ください!

 

 


むし歯予防

スタッフ

 

こんにちは
歯科衛生士の井口です。

 

 

もうすぐ4月になりますね!
4月から新しい生活を迎える方も
多くいるとおもいますが、
この春から小学生の子になる子も
たくさんいらっしゃると思うので
きょうはそのくらいの子たちの
むし歯予防についてご紹介します!
まずはおくちのなかを見てあげてください!
前歯がグラグラしてきてませんか?
奥歯の方に新しく歯が出ていませんか?
個人差はありますが、5〜6歳から
生え変わりがはじまってくるので
このような症状がではじめてきます
まだなにもないよ〜というかたも
心配はないのでゆっくり待ちましょう!
生えたばかりの大人の歯は他の歯と
比べると弱いのでむし歯にとっても
なりやすいのがポイントです!

 

 

特に6歳臼歯といって一番奥に
生えてくるはじめの大人の歯は
溝がでこぼこしてるので汚れが
たまりやすくむし歯になりやすい
歯なので注意が必要なんです!


そこでおすすめしてるのがシーラント



 

シーラントとは溝をフッ素のクリームで
うめて溝をなくして汚れをつきにくく
する予防方法になります!

 



 

お水の出る機械や歯ブラシをつかって

きれいにおそうじをしてからクリームを
溝に流して固めていきます

 


削ったりせずに行う処置で
予防効果の高いものになります。

 

 

フッ素を塗るのも大切ですが
奥歯が生えてきたらシーラントを
しておくと安心です!

 

 

小学校にはいると自分でいろいろ
やれるようになるので歯みがきも
ひとりでできるようになりますが
奥歯の細かいところまでしっかり
磨くのはとっても大変です。
歯みがきのあと磨きにくいところは
仕上げ磨きをして汚れをとってあげて下さい!

 

 

一緒にお子さんの歯を守りましょう^^

 

 


エントリーリスト

カテゴリーリスト

© HOKARI DENTAL CLINIC