歯科豆知識ブログ

  1. ひかり歯科医院
  2. 歯科豆知識ブログ
  3. いろいろ知りたい!インプラント治療のあれこれ

いろいろ知りたい!インプラント治療のあれこれ


何らかの原因で歯を失った場合に、新たな歯を補っていくインプラント治療。インプラントにはこれまでにない様々なメリットがあることから、近年多くの歯科医院でよく勧められる治療法です。
しかしその人気の高さから安易にインプラント治療を選択してしまう方も少なくありません。インプラントは確かに優れた治療法ではありますが、一方でデメリットがあることも知っておく必要があります。
今回はインプラント治療の基本的なことやメリット、デメリットについて詳しくご紹介したいと思います。



 

インプラント治療は失った歯を補う治療法
インプラント治療は虫歯や歯周病、ケガなどで歯を失った場合に、その歯のかわりとなる人工の歯を補う治療法の1つです。同じような治療には、他にもブリッジ治療、入れ歯治療などがあります。

・アゴの骨の中に人工の根っこを埋めこむインプラント治療


インプラントはアゴの骨の中に、チタンなどの金属でできた人工歯根(歯の根っこ)を埋め込み、その上にセラミックなどの人工歯を被せていく治療法です。
「差し歯と同じでは?」と思う方も多いようですが、インプラントは差し歯とは少し異なります。差し歯は虫歯などによって歯の一部を失った場合におこなう治療法で、残った歯根を金属などの土台で補強して、その上に人工の歯を被せます。一方のインプラントは、歯根を含めたすべての歯を失ったところに一から新たな歯を作っていく治療法です。

・ブリッジや入れ歯との違い

歯を失った時におこなう治療にはインプラント治療の他に、ブリッジ治療、入れ歯治療があります。
ブリッジ治療は失った歯の両側にある歯を削り、橋(ブリッジ)をかけるようにしてダミーの歯を入れていきます。ブリッジは直接歯に接着させるため、治療後に取り外したりする必要はありません。
入れ歯治療は歯のない部分をプラスチックでできた歯と歯ぐきで覆い、それを両側に残った歯に金属の金具をかけることで支えます。入れ歯は取り外し式で、日中は装着して、夜寝るときは外しておくのが基本となります。

 

インプラント治療の3つのメリット
歯をなくした場合におこなう治療は、上記のブリッジ、入れ歯、インプラントの3つが歯科治療の主流です。ただこの3つの中でも特にインプラント治療には、他の2つの治療法にはない大きなメリットがあります。

・1本単位で治療ができるため、他の歯に負担をかけない
インプラント治療の最大のメリットといえば、残っている健康の歯にダメージを与えないことでしょう。
ブリッジ治療は人工の歯を補うためにどうしても他の歯を削らなければなりません。さらにダミーの歯が咬む力を残った歯で負担する必要があります。また入れ歯の場合も歯を削る必要はないものの、やはり人工の歯が咬む力を残った歯や歯ぐきで負担しなければなりません。このようにブリッジや入れ歯は残っている健康な歯に何らかのダメージを与えてしまいます。
インプラントはその歯を単体で治療をするため健康な歯を削る必要がなく、また咬む力もインプラントを取り囲む骨が負担するため、他の歯に負担をかけることがありません。

・つけ心地や咬み心地に優れている
インプラントのさらに優れているところは、口の中にいれたときのつけ心地や咬み心地です。
ブリッジは接着材で被せ物を装着するためつけ心地はそれほど悪くないのですが、ダミーの歯に汚れが挟まりやすく、食事の度に違和感を生じる可能性があります。また咬む力を他の歯に依存するため、咬み心地もやや劣るでしょう。さらに入れ歯になると咬む力が天然の歯の1/8から1/10に下がるほか、入れ歯自体が大きいため装着した時の違和感も強くなります。
インプラントは構造が天然の歯に近く、口の中に入れたときの違和感はほとんどありません。また咬む力も天然の歯に近い状態まで回復することができるため、これまでと同じように食事を楽しむことができるでしょう。

・見た目が天然の歯と変わらない
インプラントは形が天然の歯に近く、また被せ物にセラミックを使用するため自然な色合いや透明感を再現することができます。そのため見た目に違和感がなく、他人が見てもその違いに気づくことはほとんどありません。

 

インプラント治療にはデメリットもある
様々なメリットがあるインプラント治療ですが、残念ながらデメリットもあります。インプラント治療を希望する場合は良い面ばかりに気をとられず、以下のようなデメリットがあることも十分に理解しておきましょう。

・保険が適応されないため、治療費が高額になる
ブリッジ治療や入れ歯治療は保険が適応できる(一部保険外)一方、インプラント治療は現在の保険制度において保険を適応することができません。現在の相場はインプラント1本あたり30~50万円程度といわれており、けして安い価格とは言いがたいのが現状です。

・インプラントを埋め込む外科手術が必要になる
インプラント治療では、人工歯根をアゴの骨の中に埋め込む外科手術が必要です。手術自体は麻酔をおこなうため術中に痛みを感じることはありませんが、術後2,3日ほど痛みや腫れが生じる場合があります。
また外科手術であるため糖尿病や高血圧、心臓病などの持病のある方の場合、病状によってはインプラント治療をおこなえない可能性があります。また妊娠中の方の場合はインプラントに限らず、歯科の外科治療は基本的におこなえないため、妊娠前もしくは産後に治療を開始するほうがベストでしょう。


エントリーリスト


〒421-0113  
静岡市駿河区下川原6丁目28番4号


phone054-257-8888054-257-8888

無料メール相談

ネット予約

診療時間
9:00〜13:00
14:00〜18:30

★土曜日の午後は、14:30~17:30まで。日曜日、祝祭日は休診です。
※各種保険を取り扱っています。
※保険以外の自由診療については治療内容をご説明し、ご相談申し上げます。

© HOKARI DENTAL CLINIC