歯科豆知識ブログ

  1. ひかり歯科医院
  2. 歯科豆知識ブログ
  3. ブリッジとインプラントの比較

ブリッジとインプラントの比較





ブリッジにした場合
利点
● 被せるもの次第で審美性を保てる
● 食感や味覚に関して、自分の歯とあまり差がない
● 神経を残せる場合は、治療が比較的簡単


欠点
● ブリッジを固定するために、両隣の歯を削る必要がある
● 削ったあとでも、痛みがあれば神経をとらなければいけない可能性がある
● 支えになる歯に大きな負担がかかるため、8年程度でだめになる
● 抜けた歯のの部分の顎(あご)骨が痩せてしまうことがある
● 食べた物のカスが詰まりやすくなり、口の中が不衛生になる
● 発音しづらくなる可能性がある



インプラントにした場合
利点
● 噛む行為は自分の歯と同じ感覚で過ごせる
● 噛む力や味覚に影響がない
● ブリッジのように両隣の歯を削らなくてもいい
● 審美性を保つことができる
● インプラントが固定されれば、顎の骨がやせることがない
● 天然歯の負担を減らすことができる

欠点
● 歯を抜くのと同じ程度の手術が必要
●重度の糖尿病などの疾病や体質によっては治療ができない
● 費用が高額
● ブリッジより治療に日数が必要(ただし回数は同じ)



ブリッジについて
歯を抜いたままにしておくと、噛み合わせのバランスが崩れ、体のさまざまな部分に悪影響が現れます。それを防ぐために抜いた歯を補うのが、ブリッジという治療法です。
具体的には、1本歯がないときには、両隣の歯を削って型をとります。その型にあわせて歯科技工士が橋渡しのようなものを作るので、それをかぶせるという方法です。両隣の歯を土台にして人工の歯を支えるので、名前の通り、橋のような役割をします。
このブリッジには、メリットとデメリットがあります。
まずメリットは、比較的簡単に治療が出来ること。両隣の歯を削り、ブリッジを入れるだけなので、治療期間も短期間で済みます。保険もきくので安心です。


ブリッジには欠点があります。

両隣の歯を削らなければいけない
デメリットとしては、両隣の歯を削らなければいけないことがまず挙げられます。
ブリッジを行うためには歯を削らなければいけないので、表面にあるエナメル質という硬い組織がほぼ全部なくなってしまいます。エナメル質は歯を守る鎧のような役割をしているので、これがなくなると歯の強度が落ちてしまいます。


削って痛みが出た場合に、神経を取る場合もある
削る際に痛みが出ると、神経をとることになります。神経というのは正式な名前は歯髄(しずい)と言いますが、歯の表面はエナメル質、その中に象牙質という柔らかい組織があり、更にその中に歯髄が通っています。ブリッジにするために歯を削って痛みが出ると、神経を取らないと治療ができなくなることがあります。


神経をとってしまうと痛みを感じなくなるため、虫歯が進行しても気づけなくなるほか、歯がもろくなったり歯が弱くなったりとさまざまな影響があります。
歯の病気に感染しやすくなるので、ブリッジをする場合はよく考えてから治療を行わなければいけません。


歯周病のリスクがある
ブリッジをすると歯周病にかかりやすくなってしまいます。ブリッジをすると歯の根元に歯ブラシが届きにくくなることが原因です。


支えになる歯の負担が大きい
無事ブリッジが完成しても、支えている歯には大きな負担がかかります。そのためだいたいもって8年程度の耐久性となります。ブリッジを支えている2本の歯のうち1本が駄目になったら、その歯は抜かなければなりませんし、更に隣の歯を削って4本をブリッジでつなぐことになります。こうなると両端の歯に負担が蓄積するため、8年も持たなくなってしまいます。これを繰り返していくと、どんどん歯がダメになっていってしまいます。なお、この方法は何十年も前から行ってはいけないと定められているので、部分入れ歯にすることになります


エントリーリスト

© HOKARI DENTAL CLINIC