歯科豆知識ブログ

  1. ひかり歯科医院
  2. 歯科豆知識ブログ

入れ歯、ブリッジ、インプラントの違い



はじめに

歯をなくしてしまった時の治療の選択肢として入れ歯、ブリッジ、インプラント・・がありますが、ブリッジだと健康な歯を削る必要があることと、土台になる歯にかなりの負担がかかるため健康な歯を残しづらいという点でデメリットです。

また、入れ歯だとブリッジほど歯を削る必要がなく、健康な歯の負担も軽く済みますが、まったくないとは言いきれません。

インプラントは費用がかかるものの残された歯への負担を考慮した場合、他の2つの治療より優れていると言えるでしょう。

ここでは入れ歯、ブリッジ、インプラントの違いをメリットやデメリットを具体的に挙げてご紹介していきます。

みなさんができる限りご自分の歯を残して生活ができるためにお役に立てるようになれば幸いです。

 

歯をなくしたまま放っておくと

正しい位置に生えていた歯がなくなって食事に差しさわりがないからと言って放っておくと、残された健康な歯にかかる負担が大きくなってしまうため、歯の寿命が短くなると言われています。

さらに、それ以外にも抜けた歯の両隣の歯が傾きだしたり、噛み合わせの相手の歯がなくなった歯がどんどん伸びてくるため、歯並びが悪くなってしまい噛み合わせが乱れてきます。

噛み合わせが悪くなってしまうと左右のあごの関節のバランスが乱れてしまい、顎関節症になったりします。

顎関節症になってしまうと口を開け閉めするごとに音が鳴ったり、口が開けづらくなったり、耳鳴りや頭痛の原因になることもあります。

なので、歯がなくなったところは必ず治療を行っていただき、バランスよく噛めるようにしなければなりません。

歯が抜けたまま放っておくと具体的に次のようなことが起こります。

・隣の歯が傾いてくる

・残された歯の寿命が短くなる

・噛み合わせがおかしくなる

・反対にある歯が伸びてくる

・肩こりや頭痛、顎関節症になってしまう

・・などですね。

 

入れ歯、ブリッジ、インプラントの違い

・入れ歯



入れ歯は金具を使って歯に固定し取り外す人工の歯のことで、短期間で治療が可能でたくさん歯をなくしてしまった時の治療法としてよく行われています。

入れ歯のメリットとしては金具を留めるため少し健康な歯を削る必要があるものの、ダメージはほとんどありません。

歯を1本なくしたケースでも全部なくしてしまった場合でも行えます。

取り外して歯磨きできるためブリッジと比べると、お口の中を常に清潔に保てるメリットがあります。

また、保険を使ったものと自由診療とが選べるため、患者さんのニーズに合わせて治療ができます。

ただ、入れ歯のデメリットとしては安定性が悪いため噛みごたえが悪いので、固いものを噛みづらいということがあります。

また、噛んだ時に歯ぐきが痛かったり、慣れない間は違和感があることが多いです。

さらに、粘着性のあるお餅のような食べ物を食べると入れ歯にくっついてしまったり、味がわかりづらいということもあります。

また、部分入れ歯の場合は金属製のばねが見えやすいというデメリットも否めません。

 

・ブリッジ




なくなった歯の両隣の歯を削り土台にしてそこに数本のつながった人工歯を被せる治療法です。

その土台に橋をかけた状態になるためブリッジと言われています。

この治療法のメリットは両隣の歯を使って土台にし固定させるため安定性が高い点です。

また、ずれたり外れたりすることもなく、セラミックなどの被せものを使うと審美性が高いです。

保険を使っても自由診療でも治療できますが、前歯だと保険を使って白い歯で治療することも可能です。

ブリッジのデメリットは両隣が健康な歯だと削る必要がありますし、少ない歯で多くの歯を支える必要があるので、土台になる歯に負担がかかります。

歯ぐきと被せものの間に汚れがたまりやすいため、歯周病や虫歯になる危険性が高いです。

また、なくなった歯の本数が多いと適応できる治療法です。

 

・インプラント




インプラントはなくなった歯のあるあごの骨にチタン製の人工歯根を埋め込み人工歯を取り付ける治療法です。

現在の歯科医療分野において、もっとも優秀な治療と言えるでしょう。

インプラントのメリットはインプラントを入れ歯の根が回復するのを待つ必要があるので、まるで自分の歯のような噛み心地が安定しています。

人工の歯は審美性が高いセラミックでできているため、審美性が高く自然な仕上がりです。

また、健康な歯を一切削る必要がなく、お手入れもいつもと同じように歯磨きできるためお口の中をきれいに保つことが可能です。

インプラント体を埋めるには手術が必要ですし、治療期間も長期間になります。

患者さんによっては1年近くかかることもあります。

また、保険が使えず全額自己負担となります。

さらに、費用も保険が使えず全額自己負担となり高額な費用がかかります。

治療後にメンテナンスがいい加減だと、健康な歯と同様に歯周病や抜け落ちる可能性が高いです。

 

まとめ

入れ歯、ブリッジ、インプラントの違いについてご紹介しました。

ここでご紹介したことを参考にしていただき治療の際のお役に立てて下さいね!


初めてインプラントする方へのご案内

はじめに

初めてインプラント治療するという方は全て歯医者さん任せにするのではなく、しっかりと基礎知識を身におきたいものです。

ここではインプラントを初めて行う方のために、インプラントについて様々な視点から詳しくご紹介します。

インプラントの構造やメリット、リスクなど詳しくまとめてみましたので、ぜひご参考になさってくださいね!

 

インプラントとは

まず、インプラントのメリットをご説明する前に、インプラント治療の方法について書いてみたいと思います。

インプラントとはなくなった歯の部分に人工歯根を埋め込み治療するものです。

人工歯根とはネジ状で、あごの骨に固定することによってより強固な歯根に仕上げることができます。

さらに、そこに人工歯を装着していきます。

人工歯は被せものと言われており、ねじを隠すために装着するもので審美性を高めるために使われています。

人工歯により上下の噛み合わせもスムーズにいくようになりますが、噛み合わせが悪い場合には他の歯を使ってうまく調節しながら最適な状態にしていきます。

 

インプラントのメリット

インプラントにはさまざまなメリットがあります。

最大のメリットとは噛む力が元通りになることでしょう。

インプラント治療が行われる前に主流となっていた治療法はブリッジや入れ歯などでした。

ですが、これらの治療法は残った健康な歯を使って噛む力を補うものでした。

いっぽうで、インプラントはなくなった元の歯のように噛む力を回復できます。

違和感がほとんどなく、歯をなくす前とおなじように食事ができるのは大変うれしいことではないでしょうか?

次のメリットとしては自然の歯のように安定しているということです。

インプラントを装着するとがたつくのでは?と思う方が多いようですが、実際にはインプラントの歯根はしっかりと固定されているため全くがたつかず、どんなに硬いものでも安心して噛むことができます。

 

インプラントの材料や構造
インプラントの材料にはチタンが最も確実で安全、丈夫だと言われており、一流メーカーのものであればなんら問題ないとされています。

インプラントにチタンが使われるようになってから、インプラント治療は高い成功率と安全性が可能になりました。
チタンという材質は弾性係数が低く軽いため、骨に近い性質を持つ金属として知られています。

ただ、チタンはプラチナや金よりアレルギー反応が起きづらく安全な材質ではありますが、中にはチタンでさえアレルギー反応を起こす方もいらっしゃいますので、心配な方は一度皮膚科などで調べてもらうといいでしょう。

インプラントは骨の中に埋め込む人工歯根と、上部構造と言われるものからできています。

さらに、上部構造はアバットメントと言われる人工歯を支えるための部分と、歯冠からなっています。

 

インプラントの費用

さて、インプラント1本当たりの治療費の相場は30~50万円と言われています。

その理由は保険が効かず自費診療となるためです。

また、安全に治療を行うためには詳細な検査が必要ですし、麻酔を使った外科的手術が必要だからです。

 

インプラントの安全性

インプラント治療はあごの骨を削って人工歯根を埋め込むための手術が必要です。

使用される人工歯根は整形外科で骨折の際に使われる純チタンやチタン合金でできているため人体との親和性が高く、アレルギー反応が起こりづらいと言われています。

さらに、インプラント治療を行う際、局所麻酔が行われるので手術の間痛みを感じることはほとんどありません。

笑気麻酔や静脈内鎮製法などを併用すれば、手術中の不快感を取り除くこともできます。

さらに、インプラント手術を安全に行うためには、清潔不清潔領域を徹底的に管理し、滅菌する必要があります。

とは言っても、100パーセント安全であるとは言いきれません。

歯科用CTなどを含め事前の検査がしっかりと行われていない、患者さんの健康状態をきちんと把握していない・・など、適切に治療が行われなかった場合には再度手術が必要になることもあります。

そうならないためには、前もってクリニックでしっかりとカウンセリングを受けておく必要がありそうですね。

 

インプラントのリスク

インプラントは外科的手術が必要となるため当然リスクを伴いますので、インプラント手術を行う場合にはインプラントを埋め込む本数や手術の難易度に関係なく、歯科用CTを使って撮影を行ってから施術を行うことによって、リスクを軽減する必要があります。

また、インプラントにするとインプラント周囲炎という病気にかかることがあるため、治療後はしっかりとケアを行う必要があります。

 

まとめ

インプラント治療は非常に優れた治療法ですが、クリニックによって治療後の仕上がりに差があると言われています。

つまり、インプラント治療を受けるには信頼できるクリニック選びが大切だということですね。

インプラント治療を成功させるためにも、ここでご紹介したことをご参考にしていただき、信頼できるクリニックを選んでくださいね!


保険診療と自費診療の違い

はじめに

歯医者さんに行くとはじめに保険証の提示を求められますよね?

でも、治療の中には保険が効かない自費診療があることをご存じでしょうか?

ここでは保険診療と自費診療の違いとはどういうものかをご説明してみたいと思います。

 

保険診療と自費診療とは

歯を治療する際、使う材料や治療方法によって保険が適用となる保険診療と自費で治療を行う自費診療の2つに分けられます。

保険診療では基本的に治療費の3割を負担するだけで治療が受けられますし、治療内容が同じであればどのクリニックで治療を受けても金額は同じとなります。

その理由は保険が適用となる治療では使用する材料や方法が決められているからです。

なお、高額な材料や高度な技術が必要な治療をする時、審美性の高い治療を行う時は自費診療になります。

たとえば、口を開けた時に銀歯が見えるのがいやなので白い材料を使ってほしい・・などの場合は自費診療となります。

自費診療の場合はもちろん全額自己負担となり、保険診療と比べて数倍から10倍以上も費用がかかりますし、クリニックによって費用も変わってきます。

 

保険診療でできること

保険診療でできることには次のようなものが挙げれます。

・プラスチックの白い詰めものを虫歯を削って詰めるレジン充填。

・銀色の金属の詰めものや被せものの金銀パラジウム合金クラウン、インレー。

これは寿命が長く丈夫ですが、金属アレルギーの原因になることがあります。

・内側は金属でできていて外から見えるところがプラスチックの被せもので前歯だけが保険診療となる硬質レジン前装冠。

これは白く歯に似た色ですが、黄色くなりやすくプラークが付着しやすいです。

・義歯床がプラスチック製の入れ歯のレジン床義歯。

特徴としては強度を保つためにかなりの厚みがあることです。

 

自費診療になるもの

では、保険が効かない治療にはどういったものがあるのでしょうか。

・病気でない方の予防処置や検査。

たとえば虫歯の検査やフッ素塗布、歯のクリーニングなどです。

・金属製やセラミック製の被せものやブリッジ治療

・歯科矯正治療。

 

・金属が多く使われた義歯。

・インプラント治療。

・美容目的の歯のクリーニングやホワイトニング

・・などです。

一般的な虫歯治療や歯周病治療は保険診療ですが、お口の中の病気を予防するための予防歯科分野については基本的に保険外診療となります。

さらに、審美目的や美容目的の治療も患者さんが全額自己負担で治療することになっています。

 

自費診療のメリット

保険診療とは厚生労働省が決めた保険適用の範囲内でしか治療ができませんが、安く治療ができることがメリットです。

さらに、どのクリニックでも同様の治療が同じ料金で受けられます。
ほとんどの方がこの保険診療によって歯の治療を行っているはずです。

ただし、保険診療だけでは治療方法や使える素材に限りがあるので、治療したところが目立ってしまい見た目が悪かったり、歯に負担の大きい治療しかできなかったりとデメリットも多いです。

そんな時、患者さんが自由自由に治療方法が選択できる自費診療にすれば、使う材料や治療方法を自由に選べるので理想の治療を受けられます。

なお、最近多くのクリニックで自費診療に対応しているため、メリットと同時にデメリットも理解した上で治療を受けるようにしましょう。

自費診療の最大のメリットは見た目がきれいに仕上がることです。

保険診療だと治療箇所や内容によって使う材料が決められていますが、自費診療だと自由に選べるため審美性の高い天然の歯と同様の仕上がりが望めます。

たとえば、虫歯を削ったところは保険診療の場合奥歯であれば銀歯を使いますが、自費診療ならセラミックなどを使って天然の歯と同じような仕上がりにできます。

また、セラミック治療だと審美性だけでなく生体親和性も高いため、歯垢などが付きづらいので歯ぐきにもメリットが多いです。

また、入れ歯については金属を使わないノンクラスブなどの入れ歯が可能となるため、見た目もよく金属アレルギーの心配がありません。

ただ、デメリットもあることを理解しておきましょう。

保険外診療のデメリットは治療費が高くつくことが挙げられます。

人件費や使う材料費などは全て自己負担になるため、保険診療と比較するとかなり費用がかかるのは仕方のないことでしょう。
また、保険診療でもじゅうぶん満足のいく治療が可能なので、自費診療を選ぶ方がいいとは言いきれません。

まずはクリニックで相談した上で、ご自分が納得いく最適な治療法を選んでくださいね。

まとめ

誰でもできるだけ優れた治療を安く受けたいと思うのは当然ですが、長い目で見た時にそれが最善だとは言いきれません。

一生ご自分の健康な歯を維持するためにはクリニック選びが重要です。

納得いくまで説明してくれたり、治療実績や経験が豊富かどうかを前もって調べておきましょう。

みなさんがいつまでも健康な歯を維持できることを願っています!


定期検診の重要性

はじめに

学校や仕事場で定期的に健康診断は受けていても、歯科検診を定期的に受けている方は意外と少ないはず。

お口の中を定期的に診てもらっていると、虫歯や歯周病になるリスクを軽減できます。

そうすると、虫歯になって歯を削ったりして痛い思いをせずに済みますので、ぜひ定期検診を受けていただきたいです。

ですが、ほとんどの方が定期検診でどのようなことをするのか、費用はどのくらいなのか・・などご存じないでしょう。

ここではそんな歯医者さんでの定期検診の内容や重要性についてまとめてみましたので、ぜひご参考になさって下さいね。

 

定期検診の治療内容

そもそも定期検診の目的はお口の中が衛生的に保たれているかどうかをチェックすることです。

歯医者さんでの定期検診の内容がどういったものなのか気になる方は多いはず。

次のような項目をチェックしていくことが多いです。

・歯周病や虫歯のチェック

・歯のクリーニング

・歯磨き指導

・粘膜に異常がないかどうか

・詰めものや被せものに不具合がないかどうか

・・などですね。

一般的な歯医者さんで行われている定期検診では歯周病や虫歯をチェックすることがほとんどです。

虫歯になっていないか、歯周病にかかっていないかどうかなどをプロの目で厳しくチェックしていきます。

さらに、必要であれば虫歯の予防や治療などを行います。

ただ、歯周病や虫歯が悪化しないようにするには歯磨き指導も必要不可欠です。

ご自分で行うケアの基本は歯磨きですが、正しい歯磨き法ができている方はそう多くはありません。

ですが、クリニックではプロによって正しい歯磨きの指導を行ってくれるため安心です。

また、詰めものや入れ歯などをしている方の場合はそれらの不具合についてもチェックしてくれます。

さらに、お口の中を衛生的に維持するには粘膜をチェックすることも大切です。

 

定期検診の費用

ただ、定期検診にはかなり費用がかかるのでは・・と心配になる方もいらっしゃるでしょう。

歯医者さんでの定期検診の費用は3~4千円となっており、思った以上に安い費用で受けることが可能です。

クリニックや内容によっても変わってきますが、5千円までで定期検診を受けられますので、費用面で心配はなさそうです。
なお、レントゲン撮影を行わない場合はさらに安く済むはずです。

簡単な定期検診であれば2~3千円で済ませることができるでしょう。

理想としては3か月~半年に1回の受診が望ましいため、年間8千~1万5千円程度となります。

こう見るとさほど高い金額ではないですし、丸一日つぶれるわけではないため安心ですね。

 

定期検診の重要性

・世界と日本の歯の残存率の差

アメリカやスウェーデンと日本の定期検診の受診率と80歳時点での歯の残存率を比べてみると、定期検診をしっかり受けている国の方が歯の残存率が高いことが分かります。

日本は定期検診の受診率が2パーセント程度で残存率が9本ですが、受診率が8割もあるアメリカでは17本で、9割のスウェーデンではなんと25本だというから驚きです。

 

・認知症予防効果

ご自分の健康な歯でものを噛むということは意外と重要なことです。

ある研究結果によれば、健康な高齢者の歯の平均残存律は14本となっており、認知症の疑いがある高齢者は9.4本と少なくなっているそうです。

つまり、歯の残存率と認知症には深い関係があるということになります。

噛むことによって脳が刺激されますが、歯がなくなってしまうと周りの神経が失われてしまうため脳が刺激されなくなっていきます。

それによって脳の働きに影響があるのでは・・と言われています。

つまり、歯がなくなってしまってもインプラントや入れ歯をすればいい!などと考えているようでは、歳を取ってから後悔することになりかねません。

いつまでも会話を楽しんだり、おいしく食事ができるようにご自分の歯を定期検診を受けることで大切にしてくださいね。

 

・定期検診は保険と同じ

歯医者さんでの定期検診はいわば保険をかけるのと同じようなものでしょう。

定期的に保険料をかけることによって重い病気やそれにかかる高額な医療費を軽減できます。

ですが、保険をかけておかないと病気になってしまう危険性が上がりますし、治療費もかさむということになります。

さらに、病気が重くなればなるほどクリニックに通う期間が長引きます。

忙しいので定期検診に行く暇がないという方も、年にたった数回程度受けるだけでお金も時間も節約できると思えば行く価値はありますね。

 

まとめ

歯は治療回数が増えれば増えるほどまた治療が必要になってくると言われています。

歯周病や虫歯も重くなってから治療してからでは遅すぎます。

信頼できるクリニックで定期検診を受けることによって、治療が必要ない健康的なお口の中の状態を保つことこそが一生ご自分の歯で楽しく会話したり、食事をしたりすることにつながります。

ぜひ、歯医者さんの定期検診を受けるようにしましょう!


歯周病の危険性

はじめに

歯周病は歯をなくしてしまう原因となる病気ですが、最近では歯周病には恐ろしい危険性があることが分かってきました。

それは全身疾患との関係です。

ここでは歯周病の危険性についてまとめてみました。

歯周病かな?と思われている方はぜひ読んでみてくだださいね!

 

歯周病のメカニズムとは

われわれのお口の中には500種類もの細菌が棲んでいると言われており、食べものに含まれている糖分を摂ったり、歯磨きがいい加減だとプラークが増えていきます。

このプラーク1ミリグラムの中には10億個もの細菌がいるため、細菌の塊と言ってもいいでしょう。

そこには歯周病の原因菌がいることも判明しており、プラークがバイオフィルムを作り出すと歯周病菌がますます繁殖しやすい環境になります。

さて、プラークは高い粘着性でうがいを軽くした程度で落ちないと言われています。

ていねいなブラッシングによって除去しないと硬くなって、歯石を作り、歯の表面にべったりと付いてしまうのです。

歯石にまでなると、歯磨きだけでは除去できないため、これが細菌のすみかとなって毒素を出し続けてしまい、歯周病がどんどん悪化します。

なお、健康な方の歯ぐきは引き締まっており色はピンク色で歯と歯ぐきの間にある溝は1~2ミリ程度ですが、歯周病になってしまうと溝が深くなり、そこに細菌が繁殖します。

このように、歯周病は持続的な細菌感染によっておこる炎症性疾患でプラークが原因ではありますが、さらにブリッジや入れ歯の不適合、食いしばりや歯ぎしり、たばこやストレス、乱れた食生活活・・などの生活習慣も歯周病の進行を加速させる原因と言われています。
歯周病の症状とは

では、歯ぐきにどういった症状が出たら歯周病と言えるのでしょう。

ここではクリニックに行ってすぐにでも治療を受けた方がいい症状について具体的に書いてみます。

 

・歯ぐきが腫れて血が出る

歯周病と聞くと、これをイメージする方が多いはずです。

ただ、歯周病以外でも血が出たり歯茎が赤くなったりする場合もあります。

ですが、何もしなくても歯ぐきが腫れてしまっているのが歯周病の症状です。

さらに、ほんの少しの刺激でも血が出てしまうため、歯磨きを行うたびに歯ぐきから血が出る方も多いです。

 

 

・熱いものや冷たいものがしみる

歯周病が進んでしまうと歯ぐきが痩せてしまい、歯の部分が歯ぐきから露出します。

この部分に熱いものや冷たいものがしみてきます。

虫歯の場合も同様に冷たいものがしみたりしますが、歯周病だともっと広い範囲でしみることが多いようです。

 

・硬いものを噛むと歯が痛い

歯ぐきは歯の土台なので、歯周病になってしまうと歯が浮いてくることがあります。

すると、硬いものを噛んだ時神経に触れて痛くなることもあります。

また、歯周病が進行してしまうと硬いものが噛みづらくなるので注意しましょう。

 

・膿が出たり口臭が起きたりする

歯周病が進行してしまうと、歯ぐき全体が腐ると言われており、ひどい口臭や膿が出たりします。

この状態にまで進んでしまいますと、歯がぐらつき出し抜けてしまうことがあります。

 

歯周病の危険性

・動脈硬化・心筋梗塞

歯周病になると循環器疾患になる危険性が高くなってしまうため、心筋梗塞などを引き起こすことがあります。

最近の研究結果によれば、細菌性感染症の一つである歯周病の方は心疾患にかかる危険性が高いことが判明しています。

さらに、歯周病でない方と比較すると心臓発作を起こすリスクも3倍だと言われているほどです。

歯周病の細菌が歯ぐきから血液によって運ばれ全身に広がり血管の中に張りついて塊となり、動脈を詰まらせる・・とも言われています。

さらに、歯周病の原因菌によって動脈内に脂肪がたまりやすくなるそうです。

 

・気管支炎、肺炎など
歯周病を放っておくと呼吸器系の疾患にかかるリスクが高まります。

一般的に高齢者や喫煙者、免疫系統が下がっている方は気管支炎、肺炎、肺気腫などの呼吸器系の疾患にかかりやすいと言われています。

 

・糖尿病

糖尿病は歯周病と深い関係があると言われています。

糖尿病の方は歯周病にかかりやすく悪化しやすいと言われています。

血糖値が上がると傷が治りづらかったり、唾液の分泌が減ると言われています。

その原因は歯周病を発症させる歯周病菌が血液に入ることで、血糖値を抑える作用のあるインシュリンの働きを抑制する物質が増えるためだと言われています。

歯周病を放置しておくと糖尿病になるリスクがあり、糖尿病にの方は歯周病を放っておくことで糖尿病がますます進行するリスクがあります。

 

まとめ

歯周病を放っておくと全身疾患にかかる可能性が高まる危険性があります。

心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病などは命に係わる重篤な疾患です。

歯周病を予防し適切な治療を行うことでこういった全身疾患のリスクを軽減できます。

そのためにも日ごろの適切なお口のケアだけでなく、定期的にクリニックで検診を受けていただきたいです。

いつまでも歯周病知らずの生活を送れるよう努めましょう!


エントリーリスト


〒421-0113  
静岡市駿河区下川原6丁目28番4号


phone054-257-8888054-257-8888

無料メール相談

ネット予約

診療時間
9:00〜13:00
14:00〜18:30

★土曜日の午後は、14:30~17:30まで。日曜日、祝祭日は休診です。
※各種保険を取り扱っています。
※保険以外の自由診療については治療内容をご説明し、ご相談申し上げます。

© HOKARI DENTAL CLINIC