歯科豆知識ブログ

  1. ひかり歯科医院
  2. 歯科豆知識ブログ
  3. 入れ歯、ブリッジ、インプラントの違い

入れ歯、ブリッジ、インプラントの違い



はじめに

歯をなくしてしまった時の治療の選択肢として入れ歯、ブリッジ、インプラント・・がありますが、ブリッジだと健康な歯を削る必要があることと、土台になる歯にかなりの負担がかかるため健康な歯を残しづらいという点でデメリットです。

また、入れ歯だとブリッジほど歯を削る必要がなく、健康な歯の負担も軽く済みますが、まったくないとは言いきれません。

インプラントは費用がかかるものの残された歯への負担を考慮した場合、他の2つの治療より優れていると言えるでしょう。

ここでは入れ歯、ブリッジ、インプラントの違いをメリットやデメリットを具体的に挙げてご紹介していきます。

みなさんができる限りご自分の歯を残して生活ができるためにお役に立てるようになれば幸いです。

 

歯をなくしたまま放っておくと

正しい位置に生えていた歯がなくなって食事に差しさわりがないからと言って放っておくと、残された健康な歯にかかる負担が大きくなってしまうため、歯の寿命が短くなると言われています。

さらに、それ以外にも抜けた歯の両隣の歯が傾きだしたり、噛み合わせの相手の歯がなくなった歯がどんどん伸びてくるため、歯並びが悪くなってしまい噛み合わせが乱れてきます。

噛み合わせが悪くなってしまうと左右のあごの関節のバランスが乱れてしまい、顎関節症になったりします。

顎関節症になってしまうと口を開け閉めするごとに音が鳴ったり、口が開けづらくなったり、耳鳴りや頭痛の原因になることもあります。

なので、歯がなくなったところは必ず治療を行っていただき、バランスよく噛めるようにしなければなりません。

歯が抜けたまま放っておくと具体的に次のようなことが起こります。

・隣の歯が傾いてくる

・残された歯の寿命が短くなる

・噛み合わせがおかしくなる

・反対にある歯が伸びてくる

・肩こりや頭痛、顎関節症になってしまう

・・などですね。

 

入れ歯、ブリッジ、インプラントの違い

・入れ歯



入れ歯は金具を使って歯に固定し取り外す人工の歯のことで、短期間で治療が可能でたくさん歯をなくしてしまった時の治療法としてよく行われています。

入れ歯のメリットとしては金具を留めるため少し健康な歯を削る必要があるものの、ダメージはほとんどありません。

歯を1本なくしたケースでも全部なくしてしまった場合でも行えます。

取り外して歯磨きできるためブリッジと比べると、お口の中を常に清潔に保てるメリットがあります。

また、保険を使ったものと自由診療とが選べるため、患者さんのニーズに合わせて治療ができます。

ただ、入れ歯のデメリットとしては安定性が悪いため噛みごたえが悪いので、固いものを噛みづらいということがあります。

また、噛んだ時に歯ぐきが痛かったり、慣れない間は違和感があることが多いです。

さらに、粘着性のあるお餅のような食べ物を食べると入れ歯にくっついてしまったり、味がわかりづらいということもあります。

また、部分入れ歯の場合は金属製のばねが見えやすいというデメリットも否めません。

 

・ブリッジ




なくなった歯の両隣の歯を削り土台にしてそこに数本のつながった人工歯を被せる治療法です。

その土台に橋をかけた状態になるためブリッジと言われています。

この治療法のメリットは両隣の歯を使って土台にし固定させるため安定性が高い点です。

また、ずれたり外れたりすることもなく、セラミックなどの被せものを使うと審美性が高いです。

保険を使っても自由診療でも治療できますが、前歯だと保険を使って白い歯で治療することも可能です。

ブリッジのデメリットは両隣が健康な歯だと削る必要がありますし、少ない歯で多くの歯を支える必要があるので、土台になる歯に負担がかかります。

歯ぐきと被せものの間に汚れがたまりやすいため、歯周病や虫歯になる危険性が高いです。

また、なくなった歯の本数が多いと適応できる治療法です。

 

・インプラント




インプラントはなくなった歯のあるあごの骨にチタン製の人工歯根を埋め込み人工歯を取り付ける治療法です。

現在の歯科医療分野において、もっとも優秀な治療と言えるでしょう。

インプラントのメリットはインプラントを入れ歯の根が回復するのを待つ必要があるので、まるで自分の歯のような噛み心地が安定しています。

人工の歯は審美性が高いセラミックでできているため、審美性が高く自然な仕上がりです。

また、健康な歯を一切削る必要がなく、お手入れもいつもと同じように歯磨きできるためお口の中をきれいに保つことが可能です。

インプラント体を埋めるには手術が必要ですし、治療期間も長期間になります。

患者さんによっては1年近くかかることもあります。

また、保険が使えず全額自己負担となります。

さらに、費用も保険が使えず全額自己負担となり高額な費用がかかります。

治療後にメンテナンスがいい加減だと、健康な歯と同様に歯周病や抜け落ちる可能性が高いです。

 

まとめ

入れ歯、ブリッジ、インプラントの違いについてご紹介しました。

ここでご紹介したことを参考にしていただき治療の際のお役に立てて下さいね!


エントリーリスト


〒421-0113  
静岡市駿河区下川原6丁目28番4号


phone054-257-8888054-257-8888

無料メール相談

ネット予約

診療時間
9:00〜13:00
14:00〜18:30

★土曜日の午後は、14:30~17:30まで。日曜日、祝祭日は休診です。
※各種保険を取り扱っています。
※保険以外の自由診療については治療内容をご説明し、ご相談申し上げます。

© HOKARI DENTAL CLINIC