歯科豆知識ブログ

  1. ひかり歯科医院
  2. 歯科豆知識ブログ
  3. マウスピースで矯正する!?インビザライン

マウスピースで矯正する!?インビザライン


インビザラインはマウスピースでおこなう新しい矯正治療です。

従来の矯正方法といえば「ブラケット装置」が主流で、歯の表面にボタンのようなブラケットを装着し、そのブラケットをワイヤーでつないで歯を動かしていく治療がおこなわれます。ブラケット装置はあらゆる症例に対応できる一方で、装置が表に見えて見栄えが悪い、また違和感や痛みが強いなど、いくつかの欠点もあります。

インビザラインは薄い透明のプラスチックを装着するだけという手軽さと、なにより見た目が気にならず違和感も少ないことから、近年ますます人気が高まっています。一方でインビザラインにもデメリットはあり、その点をよく理解しておこないと思わぬトラブルを招きかねないので注意が必要です。

今回はインビザラインとはどのような矯正治療なのか、メリットやデメリットなども含めご紹介したいと思います。





 

インビザラインとは
インビザラインは、1997年にアメリカのアライン・テクノロジー社が開発したマウスピース型の矯正装置です。現在までに世界中で100か国以上に導入され、400万人を超える治療実績があります。日本においては2006年に導入がはじまり、新たな矯正治療として定着しつつあります。

数十個のマウスピースを10日~2週間ごとに取り換える
「マウスピースで歯を動かす」といわれても、マウスピースを装着するだけでなぜ歯が動かせるのか不思議におもわれる方も多いでしょう。そこで簡単にインビザラインのメカニズムについてご紹介します。

インビザラインでは治療に必要な検査や歯型の採取をおこなった後、そのデータを一旦アメリカのアライン・テクノロジー社に送付します。アライン・テクノロジー社ではそのデータをデジタル化し、理想的な歯並びになるまでの治療過程を3D映像でシミュレーションしていきます。

送られてきたシミュレーション画像を元に、担当矯正医はどのように歯を動かしていくのか治療計画を作成し、各過程にあわせたマウスピースを再度アライン・テクノロジー社に発注します。

マウスピースが出来上がったら治療開始です。患者様に最初のマウスピースを装着してもらい、その後の歯の動きにあわせて新たなマウスピースに取り換えていきます。

症例によっても異なりますが、1回の治療で30~50個程度、多くなると70個ほどのマウスピースが作製されます。それを10日から2週間ごとに取り換えていきながら、個々の歯を理想的な位置へと導いていくのがインビザラインの特徴です。


 

インビザラインのメリットは「目立たない」「痛みが少ない」
インビザラインには次のようなメリットがあります。

装置を装着していても、人目に気づかれにくい
インビザライン最大のメリットは、従来の矯正装置にある「見栄えの悪さ」が解消できることです。インビザラインで使用するマウスピースは透明で薄く、装着していても周囲に気づかれることがありません。また装着による違和感も少ないので、日常生活の中でストレスを感じることも少ないでしょう。

治療中の痛みが少ない
インビザラインは従来の矯正装置よりも歯に加わる力が小さいため、矯正治療中の痛みも少ないといわれています。

また従来の装置ではブラケットが引っかかったり、ワイヤーが当たったりして頬や歯ぐきを傷つけることがあります。傷口から口内炎を発症すると「痛くて食事ができない」などの支障をきたすこともあるのですが、インビザラインではそのような心配もありません。

取り外しができるので、歯磨きがしやすい
インビザラインは取り外し式の矯正装置で、食事もマウスピースを外しておこなうのが基本です。「装置に食べ物が挟まる」などのストレスが解消されるため、これまでと同じように食事を楽しむことができます。

また歯磨きも装置を外しておこなえるので、歯ブラシが当てやすいのもメリットの1つでしょう。

金属アレルギーの方でも安心して治療できる
インビザラインで使用するマウスピースの材料はプラスチックなので、金属アレルギーの方でも安心して治療をおこなうことができます。

 

インビザラインで注意したい3つのポイント
インビザラインは従来の治療にはない多くのメリットがある一方で、注意しなければならない点がいくつかあります。どんなに素晴らしい治療でも必ずデメリットはあるので、良いところばかりに気をとられず慎重に検討するように心がけましょう。

1日20時間の装着が義務付けられる
インビザラインのマウスピースは1日20時間の装着が義務付けられます。つまりほぼ1日中マウスピースを装着しておくことになります。取り外しのできない従来の装置に比べるとずいぶん楽ではあるものの、「取り外しだから」と安易におこなえる治療でないことを十分理解しておきましょう。

自己管理の比重が大きい
インビザラインはマウスピースの装着や管理を患者様自身がおこなう治療法となります。特に装着時間に関しては、患者様がそれを正しく守らないと良好な治療結果を得られない可能性があります。したがって自己管理に自信がない方や面倒くさがりの方には、あまり向いていない治療法かもしれません。

油断をすると虫歯になりやすい
インビザラインは装置を取り外すことができるため、歯磨きがしやすいというメリットがあります。そのため従来の治療よりも虫歯になりにくいとイメージされやすいのですが、実はそこが盲点となっています。

確かに歯磨きはしやすのですが、インビザラインは歯全体を覆うマウスピースを長時間装着しておかなければならないため、従来の治療よりも虫歯になるリスクが高くなります。特に食事の後、しっかり歯を磨かないままマウスピースを装着すると、マウスピースの中で多くの雑菌が繁殖してしまいます。
したがってインビザラインで矯正治療をおこなう場合は、これまで以上にホームケアを徹底しなければなりません。


エントリーリスト


〒421-0113  
静岡市駿河区下川原6丁目28番4号


phone054-257-8888054-257-8888

無料メール相談

ネット予約

診療時間
9:00〜13:00
14:00〜18:30

★土曜日の午後は、14:30~17:30まで。日曜日、祝祭日は休診です。
※各種保険を取り扱っています。
※保険以外の自由診療については治療内容をご説明し、ご相談申し上げます。

© HOKARI DENTAL CLINIC